Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リサイタル

大学の音楽科の学生さんの伴奏を引き受けてひと月半。昨日、彼女の最終試験であるリサイタルが終わってホッとしました。彼女はメゾソプラノ。プログラムはシューマンの歌曲、リーダークライス作品39でした。


リサイタルは、大学の建物のなかにあるチャペルで行われました。広さはそんなにないのですが、壁や数箇所にある円柱が、きれいなグリーンのタイルで覆われていて、とてもいい雰囲気の場所でした。歌のひとにとっても、なかなかいい音響だったのではないかな。


今回の試験は、バチェラーを取った後、さらに1年続けたマスターの最終試験でした。イギリスの大学課程はよく知らないのだけど、院みたいな感じかな?


彼女はギリシャ人なのですが、この度はお母さんもギリシャから来ていました。歌の先生はもちろん、彼女の旦那様や義理のお母さん、友達が来ていて、試験といっても和やかな雰囲気でした。それ以外のお客さんも意外といました。とはいえ、客席後方にしっかり審査員の先生方が並んでいたので、全然緊張しないって訳にはいきませんけどね。彼女も最初、やや硬くなってましたが、だんだんと調子が出てきました。とても小柄なのですが、深くていい声をしています。


歌の先生はバリトン。かつてドイツでキャリアを積んだことがあるそうで、レッスンではドイツ語もとび出したり、ユーモアのある先生でした。音楽科の学生事情もかいま見えたりして、面白い体験でした。

スポンサーサイト



  1. 2006-11-11(Sat) 05:28:38|
  2. イギリス生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sonnig1970.blog37.fc2.com/tb.php/41-e862a8c6
09 « 2017/10 » 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。