Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スコットランドの旅

IMG_4055.jpg

ダンナの従妹が遊びに来てくれたので、一緒にスコットランドを旅行しました。


グラスゴー、エディンバラの街を訪れたあと、フォートウィリアムへ。フォートウィリアムはイギリス最高峰ベン・ネヴィスや、美しい峡谷グレンコーへの観光の拠点となる小さな街です。ここでとうとう初めてのレンタカーに挑戦!というわけで、ドライブを楽しみました。マニュアル車だったので、オートマ限定のわたしは運転できませんでしたけど...。


なだらかな山々、湖、牧草地に点々と散らばる羊たちという景色がひたすら続くのが、何とも言えずよかったです。お天気はとても変わりやすく、雨が降ったりやんだりもうひとつぱっとしませんでしたが、たまに日が差したときの景色の変わり具合がハッとするほど美しかったです。


旅行中ってガイドブックをひたすら読んでるので、ちょっとした豆知識が増えたり、歴史的な事柄に興味がわいてきたりします。イギリスとひとくちに言っても、イングランド、ウェールズ、スコットランド地方からなるグレートブリテンと北アイルランドによる連合王国なわけですが(実は住むまで、よく知りませんでした)この度は、イングランドとスコットランドの戦いの歴史について考えることが多かったです。映画「ブレイブハート」もその一部分を扱ってますよね。残酷な戦いのシーンを見る気力がなくて、テレビで半分くらいしか見てませんけど。歴史物の映画って興味があっても見るのにちょっと気合が入ります。それはともかく、他にも、エディンバラ城で聞いた、昔のスコットランド人がまとっていた伝統的なキルトの説明や、スコッチ・ウィスキー造りの歴史なんかも興味深かったです。


足を伸ばしついでに湖水地方にも行ってきました。自転車を借りたのですが、思ったよりも起伏があって、久しぶりにめちゃくちゃ運動した!ってくらいに息が上がってしまいました。ここでは、ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポッターの住んだ家を見学。天井が低くて、廊下も階段も狭いんだけど、住み心地のよさそうな可愛らしいおうちでした。


全部で9日間、帰ってきたら和食ばかり作ってますけど(笑)、なかなか盛りだくさんで充実した旅でした。

スポンサーサイト



  1. 2006-09-03(Sun) 09:44:49|
  2. 旅行|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

コメント

スコットランドの旅

UK大好きで去年8月18日より9月9日までスコットランドを1周してきました。グラスゴーよりインヴァレリー、オーバン、フォートウィリアム、マレイグからフェリーでスカイ島を1周し海岸線に沿ってアラプール、タング、ジョン・オグローツ、グランタウン・オン・スペイ、ピトロッホリー、セント・アンドリュース、スターリング、アラン島、エアからグラスゴーと3200kmの一人ドライブをしてきました。スコッチが好きでゴルフが好きなのでセントアンドリュース、ターンベリーも見てきました。沢山の城も見てきました。Dunrobin castleはこれまでに見た最高の城でした。またUKに行きたいと思っています。
  1. 2006-09-04(Mon) 21:33:00 |
  2. URL |
  3. taneaki yahata #-
  4. [ 編集]

yahataさん、こんにちは。ずいぶんいろんな所を回られたのですね。
スコットランドの田舎のほうは、ドライブするには最高かもしれませんね。
  1. 2006-09-06(Wed) 01:27:45 |
  2. URL |
  3. kiharu #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sonnig1970.blog37.fc2.com/tb.php/29-2bb69977
07 « 2017/08 » 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。