Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

知的生活の方法 ~音楽編~    渡部昇一+渡部玄一

英文学者の父と、チェリストの息子のリレーエッセイ。


渡部家はなんと昇一さん以外、奥様と子供3人全員が音楽家。


父親の昇一さんが、まったく音楽を聴かない家で育ちながら、ピアニストの奥様と結婚したことから西洋音楽に開眼し、子供達が音楽家へと成長していくなかで、いかに音楽の楽しみが深まっていったか。


息子の玄一さんが、どういう風に楽器と出会い、音楽家への道を歩んだのか。
その修業時代のおもしろエピソード、プロの演奏家としての情熱、現状の観察と提言など。


それぞれお互いのエッセイに触発され、西洋音楽という軸はありながらも、いろんなテーマへとどんどん話がふくらんでいきます。


自らを縄文人という昇一さんが、ず~っとよく分からんと思いながらお付き合いで行っていたコンサートで、ある時突然、爆発的な感動を覚えたという話がよかったです。


「音楽の聴き方」という本でも、あるジャンルが「分かる」までの過程を分析してましたが、ある程度、聴きこむことって大事だと思います。


きっと渡部さんも、コンサートのパンフレットの曲目解説などを読み、周りのひとの評価をなんとなく聞き、繰り返し聴いてるうちに、あるとき全部がつながったのではないでしょうか?


この爆発的な感動ってめったにないのだけど、出会えたときはほんとうに幸せなんですよね♪


私の思い出のコンサートのひとつは、マレイ・ペライアがヨーロッパ室内管弦楽団を弾きぶり(ピアノを弾きながら指揮をする)をしたもの。


ベートーヴェンの若々しさが感じられるピアノ協奏曲第1番で、それはもう心躍るノリノリの演奏でした。
ペライア、立って弾いちゃうじゃないかってくらい
独奏者とオケと聴衆の一体感がすごくて、終わった瞬間、スタンディングオベーション。
忘れられない、強烈で生き生きした空間でした。


そんな瞬間にまた出会えることを期待して、コンサートに行きつづけたいです。






スポンサーサイト



  1. 2010-09-28(Tue) 09:02:30|
  2. |
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sonnig1970.blog37.fc2.com/tb.php/228-05258708
03 « 2017/04 » 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。