Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

イギリスで部屋探し Part2

(続き)
ピアノを入れてもいいか、大家さんにすぐに電話をしてくれましたが、あいにくお留守。時間は金曜日の夕方。その物件の担当のひとが土日は休みということで、月曜日まで返事を待つことになりました。

この待ち時間が辛いんですよね。条件に合う物件はそんなにたくさんある訳ではないし、早い者勝ちだから、どんどん次も見たい。(実際、見たかったいくつかの物件は、すでになくなってました)でも、そこがかなり気に入ってるから、許可があれば決めてしまいたい。その物件は、私達の予算の上限に近かったので、かなりきつかったのですが、環境も部屋もよくて「ここだ!」と思ったのです。


 月曜日に期待と不安でドキドキしながら不動産屋に行くと、ピアノがNGであっさりお流れ。あれは結構ショックでした。二人とも無言で、とぼとぼと帰途につきましたもの。


 その後見た3件のうちのひとつに決まったので一件落着しましたが、家探しは精神的に疲れます。今回は短期間で見つけなければというプレッシャーもあって、余計でした。


部屋はやっぱり見てみるまでは分からないですね。周りの環境もそうだし、部屋の雰囲気、匂い。家具なしと書いてあっても、冷蔵庫や電子レンジがついてたり、洗濯機があったり、ソファーを置いていってくれたりと条件は様々でした。


 部屋は全部ダンナと一緒に見たのですが、私よりずっとチェックが厳しかったです。私は「ま~いっか~」が口癖の優柔不断なひとなので、まかせてはおけなかったのでしょう。私の感想がいつも煮え切らないので、「昨日見た物件と比べて、今日見た物件のよかったところは?よくないところは?」と具体的に述べさせられたりしました。性格でるな~。


ひとつ仰天したのは、「コンロとシンクが別の部屋にある」物件。スパゲティー作っても、お湯を切るために鍋もって廊下を走るわけ….?


 決めたところは1階で、裏には広い庭があります。(上のひとと共有)環境もいいし、ピアノもオッケーだし、予算内で十分押さえられたし、とりあえず満足です。


さて、後は引越しと片付けだけど、いつまでも箱に埋もれているのはいやなので、一気にがんばろう!…とここに書いて景気付けしておこう(笑)。

スポンサーサイト



  1. 2006-05-17(Wed) 07:00:49|
  2. イギリス生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sonnig1970.blog37.fc2.com/tb.php/14-b783e194
07 « 2017/08 » 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。