Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今日のトピック

月曜から木曜までお昼にやってる英語クラス。

今日のトピックはBBCニュースのサイトから。こちら

「肉の消費を減らすことが温暖化ガス削減につながる」と気候変動に関する政府間パネルが発表したというニュース。

畜産業にかかわる問題はほんとうに多岐にわたると思います。

放牧地を広げるための熱帯雨林の伐採。砂漠化。水質汚染。飼料となる穀物の栽培、輸送。それに使われる石油。

畜産部門からでる温室効果ガスは全体の18%を占め、それはあらゆる輸送手段から排出されるガス(13%)より多いと報告されています。

ここには書かれてなかったけど、世界で生産される穀物のうち人間が消費する分より飼料となる分のほうが多く、その一方で飢えに苦しむ人々がたくさんいるという事実もあります。

家畜の排出するメタンガスの量も軽視できないようです。

でも、そのガスが増えたのも、効率よく安く肉を生産するために、本来草を食べる牛を放牧することなく、早く大きくしようと穀物を与えているからだと読んだことがあります。成長ホルモンや抗生剤という問題もありますよね。

調べ出すと、すべてがつながっていって複雑です。

ただ記事でも書いているのですが、肉を減らすといってもどちらかといえば個人の嗜好に関わる問題なので注意を喚起したいけれど具体的な対策はないという感じです。

食肉をつくるには本来ものすごく手間と労力がかかるんだと思います。

アレルギーのせいでマクロビに関心を持ったので、菜食や肉食についていろいろ調べ始め、今まで知らなかったこともいろいろ知りました。

その中で気になったのは、豊かな国のひとが更に効率や利便性を求めることで、いろんなところにゆがみが生じてると感じることです。

最近、そういうことに関する映画や本が多くないでしょうか。
食べ物ではないけど「ブラック・ダイヤモンド」には衝撃を受けました。
「いのちの食べかた」「ダーウィンの悪夢」「おいしいコーヒーの真実」なども一度見ておきたいと思う映画です。


で、書きたかったのは、そのテキストを読んだあとのクラスの反応。

というか主に先生の反応。

「これを読んだからってベジタリアンになる人っていると思う??」言外にまさかね~という雰囲気がありありと...。クラスのひとは特に発言せず。
先生は「牛のガスを減らす研究をしてる科学者がいるって笑えるよね~」って感じで、なんだかかなり悲しかったです(とほほ...)。
私は肉を減らしてますと言ったけど、その場の雰囲気をみて「アレルギーがあるからだけど...」などと付け加えた自分がまた「The 日本人」という気がしてとほほ...でした。

でも、このトピックを選んでくれたことで、今日のクラスのひとは詳細に読むことができたし、よかったんじゃないかな~とポジティブに考えてみます。はい。







スポンサーサイト



  1. 2008-09-24(Wed) 12:22:55|
  2. アメリカ生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sonnig1970.blog37.fc2.com/tb.php/110-4cc4dcb2
05 « 2017/06 » 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。