Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

オルタナ

 オルタナ9月号 15302244

実家から、たまってた雑誌を送ってもらいました。

オルタナは「ひとと社会と地球を大事にするビジネス情報誌」
隔月で発売されています。

毎号、さまざまな形で環境問題にとりくむ企業やひとを紹介し、最新の情報を伝えてくれます。

この雑誌を知るきっかけになった田口ランディさんのコラムがいつも面白い。

彼女の文章はびびっと感性に訴えかけてくる気がします。

5月号では「町づくりから、ものづくりへ」というタイトルで、中村ブレイスという会社について書かれていました。

「日本でいちばん大切にしたい会社」にも載っていた中村ブレイスは義肢を作る会社です。

最近、世界遺産に登録された石見銀山のある島根県太田市は、かつてはゴーストタウンのような町だったそうです。

中村ブレイスの社長である中村さんは、あえてその故郷に戻って起業します。
そして、強い志と誠実なものづくりの技術によって、世界から注文がくるような地場産業へと成長していきます。

起業と同時に中村さんがはじめた「町並み保存」の運動が、30年後に世界遺産登録につながっていったということを今回の記事で知りました。

ひとくちに30年って言っても、長いよな~。

ばななさんのコラムでも同じようなことが書いてあったけど、個人のちからってあなどれないのですね。
ひとりの人が移り住んだことによって、町が活性化することもあるし、逆もありえる。
そのひとのこつこつと続けていることが、まわりをゆっくりゆっくり変えていくって、すごいことだと思います。

その義肢をつくる技術をのべるくだりで、日本人の感性についてランディさんの思うことが、とても面白いと思いました。

(以下、引用)

その感性において、私たちが「美しい」と魂をゆさぶられる自然は、人間の手の入った景観である。

石見銀山の太田市だけでなく、屋久島の森も、白神山地の森も、あるがままにほったらかしの自然ではない。

実にていねいに日々たゆみなく手入れをされた自然である。

ただその手入れの仕方に日本人の感性が生きている。

あるがままの自然に寄りそい、でしゃばりすぎずに草木を刈り、木を切り、風を生かし、水を生かす。

とてつもない根気のいる日々の手仕事が日本の美をつくる。

それは特別な人の仕事ではなく、職人たち、庶民が作りあげる美なのだ。

(引用、終わり)

それは里山とか、荒れる森林の問題に通じるお話だなと思いました。








スポンサーサイト

  1. 2009-09-27(Sun) 07:02:17|
  2. おすすめ|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

夏の思い出 2

capitol 1 p1030265 capitol2  dscf4303

ワシントンDCでは国会議事堂を見学しました。

飛行機に乗るとき並のセキュリティーチェックのあと、入ったエントランスホールは観光客であふれてました。

整理券をもらって分けられたグループに、ひとりづつガイドがつきます。

まずは、上の写真の左右にある立派なシアターで、アメリカの連邦議会を紹介するフィルムを見ました。

これがなかなか良くできてるんですよね。
アメリカのダイナミックな自然の景色と共にはじまり(英語字幕つき)ここに至るまでの簡単な歴史がテンポ良く説明されます。

私たちはとことん議論して議論してしつくして、この自由な国を作り上げてきたのです!それを誇りに感じているのです!みたいな、熱~いメッセージが伝わってきます。

たたみかけるようなカット、ドラマティックな音楽、単に国会の紹介なはずなのにやたらとエンターテイメントしていて、さすがハリウッドの国と妙に感心しました。

白い墓碑が立ち並ぶアーリントン墓地や、戦争で亡くなった兵士のための、いくつもある立派な記念碑が観光スポットになっていて、それがとてもアメリカっぽい気がしました。


  1. 2009-09-26(Sat) 00:08:32|
  2. 旅行|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

元気になれる

黒部エリさんのブログが面白い。

最新モードなんてまるっきり縁がないけれど、エリぞうさんの書くNYファッションウィークの記事にはワクワクしました。きらびやかなファッション以外にも、そこで活躍する日本人女性が、みんな生き生きと美しいひとばかりなのに感心したり、モデルのタオちゃんのかっこよさにシビれたりしました。

とくにファッション界の女王、アナ・ウィンターの話が面白すぎ。
「プラダを着た悪魔」という映画で、メリルストリープが演じる強烈なキャラクターのモデルとなったヴォーグ編集長。映画自体も面白いです。
彼女を追ったドキュメンタリー映画も見てみたいな~。
映画紹介はこちら 「ファッションがおしえてくれること

NYへ家族で来ていたお知り合いが、ホテルで急死された出来事があり(生きるのに必要なものはすでに受け取っているということ)しばらくしてから、毎日のように更新されるようになったエリぞうさんのブログ。
その明るくて暖かい視点に、読んでると元気になってきます。



  1. 2009-09-25(Fri) 00:36:55|
  2. おすすめ|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

夏の思い出 ワシントンDC

washington memorial p1030258 washington 1p1030272

すっかり放置してました。

もう秋の気配だし。街路樹が紅葉し始めています。

8月に行ったワシントンDCのことなど。

さすが首都。とにかく広くて、街がきれいでした。
街行くひとも、スーツやきちんとした格好が多かったような。観光客も多かったです。

お天気がもっともいい週に行ってしまったみたいで、日本を彷彿とさせる高温多湿。
暑いのなんの。フラフラになりながら観光してました。

実はスミソニアンってひとつの博物館だと思ってました。。。

スミソニアン学術協会が運営する博物館群を総称してそう呼ぶことを、今回知りました。

有名なところは自然史博物館とナショナルギャラリー、航空宇宙博物館でしょうか。

14もあるという博物館が全部無料。太っ腹!

ひとつづつが大きい!お隣に行くのも、向かいに行くのも遠い!
あまりの暑さに、隣へ移動するのさえいやになっちゃいました。

でも、すごく見応えがありました。
私が一番好きだったのはナショナルギャラリー。
ルノワール、モネ、マネ、ピカソ、ゴーギャン、ゴッホ、ロートレックなどを駆け足で見ました。
もっと時間があったなら、一日かけて見たかった。
またカフェがよかったのです。これ重要!

欲張って、いろいろ見に行ったので、時間の配分が難しかったのです。
というのは人気スポットは整理券があって、時間が決まっているものもあったから。

造幣局、ワシントン記念塔、国会議事堂、ホロコーストミュージアムでは整理券が必要でした。

とにかく広いので移動時間がかかります。
1日乗り放題の巡回バスを利用したけど、それでも効率があまりよくなかったかも。

とにかく「ワシントンDC広すぎ!」という思いが、もっともひんぱんに頭の中を駆けめぐってました(笑)


  1. 2009-09-24(Thu) 13:20:08|
  2. 旅行|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0
07 « 2009/09 » 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。