Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東京カルテット

東京カルテットを聴きました。

プログラム
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第1番 ヘ長調
ヤナーチェク 弦楽四重奏曲 第2番「内緒の手紙」
ブラームス 弦楽四重奏曲 第3番 変ロ長調

すごく巧いのはもちろんですが、その息の合い具合が絶妙で、爽快感を感じました。

室内楽を面白いと思い始めたのがすごく遅かったので、そんなに沢山は聴いてないのですが、弦だけの合奏特有の一体感ってあるように思います。
ピアノが入ったアンサンブルもいいですが、弦だけというのも混じりけがない感じで楽しめます。

パンフレットを読むと1969年に結成されたそうで、もう40周年ですね。
もともとは斎藤秀雄に師事した日本人4人だったそうですが、何度かメンバーチェンジを繰り返しつつも、その人気を保って幅広い演奏活動をしているようです。

ヤナーチェクはかなりモダンでユニークな曲でした。でも、どこかロマンチックで親しみやすさを感じます。

ブラームスは3楽章が特に好きでした。曲調がいかにもブラームスらしくて、内に秘めた情熱を感じます。
ビオラの深い音って、上手いひとが弾くとぐっとくるな~。

スポンサーサイト

  1. 2009-01-22(Thu) 12:10:28|
  2. コンサート|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

寒い日にぴったりのおかず

ここのところ冷え込んでます。
マイナス5度から10度のあたりをうろうろ。

今日の晩ご飯は玄米と和なおかず。
やっぱりこういうのが一番ほっとします。

うーらさんの切り干し出汁でとろとろ玉ねぎ
torotoro tamanegi

仕上げに海苔を入れるのも、くずでとろみをつけるのも忘れてしまったけど、やさし~味ですごく美味しかった!お酒と醤油、しょうが汁というシンプルな味付けにお腹から温まるような感じ。
後ろにちらと写ってるのは高野豆腐のハニー照り焼き
はちみつの甘さが効いた甘辛味って、意外とご飯に合います。大根おろしがまたいい仕事してます。大好き。

最近、はまったおやつはふんわりパンケーキ
pancake.jpg

ちょりママさんのコツを守ったら、ほんと~にふんわりして感激!
混ぜすぎるとよくないそうなので、ダマがいっぱいでもそのまま焼いたら、ふわふわ。
私のテキトーホットケーキがクレープのようにのっぺりしてたのは、混ぜすぎ!とか、配合がまず!とか、いろんな原因があったのでしょう...。
牛乳を豆乳に、バターを菜種油にすると、ちょっとコクやしっとり感がうすれるようです。でも、どっちでも美味しい~。


  1. 2009-01-19(Mon) 12:16:02|
  2. ごはん|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

Remembering Miss Meitner

お芝居を見に行きました。

220px-Lise_Meitner_1900.jpg

リーゼ・マイトナー(1878~1968)は女性物理学者。
オーストリア国籍のユダヤ人で、ドイツのベルリンで研究職についていましたが、ナチスの台頭によりスウェーデンに逃れました。実質的に核分裂の発見者であるといえるのに、共同研究者であった化学者オットー・ハーンが1944年にノーベル賞を受賞した際にまったく無視されたそうです。

今は亡きリーゼ・マイトナーとオットー・ハーン、スウェーデンの科学者ジーグバーンの3人が、当時を回想して、それぞれの立場の言い分をぶつけ合うという会話劇でした。

夫が、英語版ウィキペディアでリーゼ・マイトナーのページをプリントアウトしてくれたので、予習していきました。

なぜマイトナーの貢献は無視されたのか。

スウェーデンの科学界で有力者だったジーグバーンは、リーゼを研究所に受け入れたものの、女性への偏見から、彼女が実験をできる環境を整えずに冷遇しました。彼はスウェーデンロイヤル科学アカデミーの委員でもありました。

リーゼがベルリンを離れた後も、ハーンは実験結果に対する助言を求めて彼女に手紙を書きます。

実験データを読み解いたリーゼの貢献によって発表された核分裂の発見。
でも彼女の名前は消し去られます。

YouTubeでこんな映像を見つけました。(YouTubeって、何でもあるな~)

女性蔑視。
科学者同士の嫉妬、名誉欲。
科学者の研究への情熱。
この発見は原子爆弾につながったこと。
戦時中の科学者のモラル。

お互いにぶつけ合う言葉から浮かび上がる背景。
正直、英語のセリフを必死でおってたので、見終わった瞬間はぴんと来てなかったのですが、後で調べてる内に面白くなってきました。

日本にいた頃、小劇場のお芝居を見るのが好きでした。
舞台の近い劇場の雰囲気に、久しぶりにワクワクしました。

マイクを通さない生の声が聞けて、目の前に動く役者さんがいるというのはいいです。
今回は割と年のいった役者さん(たぶん50代後半くらい?)3人で渋~い雰囲気でしたが、主演女優さんの凛とした雰囲気が素敵でした。





  1. 2009-01-18(Sun) 03:48:16|
  2. お芝居|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

ビフォア・サンセット

「恋人までの距離」(原題・Before Sunrise)の続編。

before sunset

あの作品はあれで完結してると思ってたので続編には期待してなかったのだけど...すごくよかった!

1作目は、旅の途中のウィーンで、アメリカ人ジェシーとフランス娘セリーヌが出会ってから別れるまでの半日くらいのお話しでしたが、続編はリアルタイム。ふたりがフランスで再会して、ジェシーがアメリカへ向けて発つまでの約90分。二人はひたすら話し続けます。

1作目が作られてから実際に流れた9年が過ぎています。
最初のシーンで、ああ、やっぱり二人とも年を取ったなぁと思うのだけど、会話が進むにつれ、1作目にあった二人の間の空気がよみがえってきて、すごく懐かしい気分になりました。

主役のふたりは、最初はぎこちなく、でもすぐに打ち解けて、長い空白の時間を埋めるように、だんだんとお互いの内面に触れるような会話へと流れていきます。

1作目では、たった1日だからこその迷いと行っちゃえ感が絶妙で、甘酸っぱい名シーンがいっぱいありましたが(レコード店でのシーンが照れくさくてたまらなく好き!)、この続編では9年の歳月を重ねたふたりの現実がリアルで、ほのかに甘いんだけど苦い切なさのほうが感じられます。
でもこの抑えた感じがたまらない!胸がざわざわ~としたままの終わり方がにくい!

セリーヌ役のジュリー・デルピーの歌声がいいんだな~。





  1. 2009-01-11(Sun) 14:33:48|
  2. 映画|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

私にぴったり...?

小学生のEちゃんが教えてくれたサイト。

Dance Mat Typing

BBCの教育サイトで、ゲーム感覚でタイピングを練習できます。

レベル1からレベル4まであり、ベースとなる真ん中の段から始まって、左右ひとつずつ新しいキーを覚えていきます。お~、ブラインドタッチが習えるじゃない~と私が嬉々としてやってしまいました(^^)

間違えると「Type on me!」「 Me next! 」「Oops!」といろいろ反応してくれて、1ステージ終えると、羊やたこ、にわとりが歌って踊ってくれます(笑)。

小学校1年生から習うことに、ちょっとびっくり。
コンピューターは使えて当たり前の時代なんですね。



  1. 2009-01-10(Sat) 14:40:09|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

メルマガ

今更ですが、ひと月前くらいからメルマガ登録にはまってます。

ニュースだけでは分からない国際情勢の背景について知りたくて、関係ありそうなメルマガに登録してみました。

もちろん詳しく知るには関連書をじっくり読むことが必要でしょうけど、とりあえず最新の事件の概要が分かるかなと思いました。

今回のガザ地区の空爆に関しては田中宇さんの解説が理解しやすかったです。
大国の思惑にほんろうされて大事なものを奪われていくひとたちの状況に胸が痛みます。
その影響は様々なかたちで世界に広がっていくのでしょうね。

しばらく何種類かのメルマガを読んで、その論調がヒステリックだったり、扇動的な匂いがするものはすぐ解除してしまいました。受信トレイに入れておくと、なんか嫌なものがただよってきそうで...(^^;)

幅広く知ろうと思っても、結局ひとは自分の感覚にぴんと来たものしか受け入れない気もするし、情報の取捨選択って難しいかも。...というのも考えすぎかしら。





  1. 2009-01-04(Sun) 12:34:44|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

新年のごちそう?

年越しはまた大雪でした。

テレビでタイムズスクエアのカウントダウンをしてましたが、かなり寒そうでした。
マイナス6~7度いってたんじゃないかな?

年越しの瞬間はものすごい紙ふぶき。
派手な花火を期待してたら、画面の後方にちらりと見えただけでした。
各国の年越しの映像も流れたけど、東京、モスクワ、ベルリン、ロンドン(他にもあったっけ?)各3秒くらい。
あんまり興味ないのね。。。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートはアメリカでも中継されていたのでしょうか。
朝4時に起きる元気はなかったので確認できず。

朝からまだ年賀メールを書いてたり、掃除してたり、あんまりお正月っぽくないので、夕飯はがんばってみました。(と言うほどでもない?)

紅白のなます
柚子果汁で作るらしいのですが、ないのでりんご酢で。
さっぱり美味しかったです。
namasu.jpg
うーらさんの花れんこん手鞠寿司
梅酢でれんこんがピンクになって可愛いのです。ちょっとれんこんが浮いてるけど...。
hanarenkon.jpg
巻き寿司
gantan dinner

いろいろ厳しいことを目にする昨今。
それでもいろんなところでいろんな人ががんばってる姿も沢山目にします。
そんな個人の力が輝ける2009年になるといいな~。





  1. 2009-01-02(Fri) 13:25:16|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 5

元旦

あけましておめでとうございます

2009年ですね

今年は、気持ちの上ではどっしり落ち着いて、フットワークは軽く、自分がやりたいことを深めていきたいです

継続すること

感謝の気持ちを大切に

好奇心を忘れずに

心豊かな日々を過ごします



  1. 2009-01-01(Thu) 14:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0
12 « 2009/01 » 02
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。