Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新しいレシピ本

うちの料理本の本棚はいまや野菜料理の本が大部分を占めてます。

たぶん一番最初のきっかけになった本は「わらのごはん」

わらのごはん

自然食で人気の民宿「わら」の船越康弘・かおりご夫妻のレシピ本。

冒頭の数ページ、美しい写真とともに語られる船越さんのコラムが心に響きました。

キーワードはおいしく、楽しく、ありがたく。

ここで知った重ね煮は、ほんとに美味しくて、私の料理の過程にたびたび登場します。

基本的に、地中深く下へ伸びていく野菜は上に、地上から上へ伸びていく野菜は下に、お鍋の中でそれぞれの滋味が合わさるように重ねて、その上においしい塩をのせ、弱火でじっくり野菜だけの水分、または少量の水で蒸し煮します。

こうすると野菜がほんと~に甘くおいしくなります。
煮物も味噌汁も出汁いらずです。

私はかなりアバウトなので、順番も適当に、急ぐときは最初は強火にして、蒸気が上がれば弱火にします。それでも美味しいけど、余裕のあるときにじっくり作るとほんとに味わい深くなります。

料理は心の持ちようがダイレクトに反映するな~とよく思います。

この本は別に野菜だけのレシピじゃなく、お肉もお魚も出てきます。

この本を手に入れてしばらくした頃にアトピーが出てきて、アレルギーのことを調べてるうちに、どんどん野菜中心の食卓にシフトしていきました。

いっときは症状改善のためと厳格にしすぎて苦しくなりましたが、それを通り越して今はかなり自由に楽しんでいます。

そんな私のお気に入りレシピブログは多々あるのですが、そこから生まれたレシピ本で最近手に入れたのはこのふたつ。
oola_cover_obi.jpg 野菜だけでおいしいごはん

ブログはこちら
ooLife オーガニックレシピ手帖
vege dining 野菜のごはん


お二人ともほんとに楽しそうに料理されてる様子が伝わってきます。

面白いのが、どちらも自分の体調をきっかけに、野菜中心に変化していったと綴られていること。
わ~、同じだ~と思ってしまいました。

いずみさんは、授乳期の体験から。
うーらさんは、病気の発覚から。

でもどちらも決して主義主張ではなく、あくまで自分の美味しいと思うものを作り、食を楽しんでるというスタンスなのが、とっても共感できます。

あなたはあなたの食べたもの。という言葉がありますが、たかが食事、されど食事。
難しく考えすぎなくてもいいけど、毎日を丁寧に過ごすように、食べることも大事にしたいなと思います。


スポンサーサイト

  1. 2008-12-11(Thu) 13:05:11|
  2. お気に入り料理本|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0
11 « 2008/12 » 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。