Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近見た日本映画

オンラインのDVDレンタルショップに加入してから借りてみた日本映画。

「下妻物語」
監督は中島哲也さん。
豊川悦司と山崎努がものすごく真剣にくだらない勝負をするというサッポロ黒ラベルのCMを作ったひと。スローモーションの凝った映像が印象的でした。

お話し自体は、友情の大切さや人とのつながりといったしごくまともなテーマで、けっこういい話です。ただギャグや演出が私にはくどすぎました。
どうでもいいけど、篠原涼子の思い切ったダメ母ぶりにびっくり。最初、彼女だと分かりませんでした。

「ハチミツとクローバー」
実は原作漫画が大好きなので借りてみました。
ラストシーンで胸がきゅーんとなって泣かされるマンガなんて10年ぶりくらい??
羽海野チカさん、素晴らしいです。

映画は原作のエッセンスをうまくまとめているように思いました。
全10巻を2時間にまとめるのは不可能だろうし、名場面をつなぎ合わせたという印象はぬぐえないけど、雰囲気はよく出ていました。
ただ全く原作を知らずに見るとどうなのかなぁ。

「五条霊戦記」
石井聰亙監督がメジャーっぽい映画を作ったんだな~と記憶にひっかかっていた作品。
結末に思わず脱力したけど、それ以外はやっぱり石井監督の作品だとなんとなく納得。

私が映画館で見たのは「エンジェルダスト」「水の中の八月」「ユメノ銀河」だけだけど、あの奇妙な空気感にはまってしまうのよね。
音響のギャップの激しさに、つい音量をコントロールしてしまいました。
映画館で見たら頭がクラクラするかも。

サイトで検索できる日本映画はホラーやバイオレンスが多いみたいでした。
そういうのが英語字幕をつけられて流通してるのか~。
日本で話題の面白そうな映画がもっと見られるといいのにな。








スポンサーサイト

  1. 2008-11-15(Sat) 08:18:14|
  2. 映画|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

「夕凪の街 桜の国」 こうの史代

2005年に話題になってからいつか読もうと思ってた漫画。
kounofumiyo.jpg

双葉文庫の新刊で置いてあったので、ようやく手に入れました。

第1話の「夕凪の街」
原爆が落とされてから10年。惨状を目の当たりにし、その記憶と向き合うことに躊躇しながら、母親とひっそり暮らす皆実が主人公。

第二話「桜の国(一)」は皆実の姪である小学生の七波が主人公で、「桜の国(二)」では、その七波が28歳になってます。

あの日から10年経ち、貧しくとも平和な暮らしのなかでふとした瞬間に感じる空虚さ。

自分が幸せをつかもうとするとき、襲ってくる罪悪感。

「おまえの住む世界はそちらではない」
一変した日常の風景、家族や友達、道行く人、数え切れない死を見過ごさざるを得なかった状況が残した心の傷の深さが胸に迫ります。

また自分たちの命を奪おうとする明確な意思の存在を、身をもって知るとはなんて過酷なことでしょう。

といっても、素朴な絵柄とちょっととぼけた性格のキャラクター達のおかげで、読後感は決して悪くありません。

特に「桜の国(二)」の後半、桜の舞い散る場面が少し切なくて、でも幸せな感じでとても好きです。

著者のあとがきからは、その誠実そうな人柄が感じられ、この人だからこそ描けた物語なんだなと思いました。

お勧めです。










  1. 2008-11-14(Fri) 13:57:49|
  2. おすすめ|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

炊き込みご飯

アメリカ人の英語の先生に大統領選のことをちょろっと聞いてみたら、Victory Speechであれほどの群集を見たのは初めてだと言っていました。
ニューヨーク・シティのタイムズスクエアには、大晦日のカウントダウンのとき以上に人が集まったというし、やはり歴史的瞬間といえる出来事だったのだな~とあらためて思いました。
今回初めてちゃんと関心をもって見てみたので、毎回こんな風なのかしらと思ったけれど、オバマへの人々の期待度というのは今までにないくらい大きいのでしょうね。


ここ数日の雨で歩道がすっかり落ち葉に覆われてます。
一度ぐっと冷え込んだけど、最近また生暖かい感じ。

先日つくった蓮根ご飯。
美味しそうだなと思ってたちょりママさんのレシピでようやく作れました。
ごま油の風味がちょっと効いてて、れんこんの歯ざわりがよくってとってもおいしかったです。
麦をちょうど切らしてたんだけど、松の実がいいアクセントになってます。
rennkon gohan

近くのマーケットで見つけた栗で栗ご飯もつくってみました。
kuri gohan

秋の味覚ですね~。


  1. 2008-11-08(Sat) 13:39:15|
  2. ごはん|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

大統領選

大統領選が終わりました。

昨日の夜は選挙速報の番組ばかり。
夜12時過ぎ、寝る前にテレビをつけるとオバマのスピーチが始まったところでした。

後半、有権者のひとりである106歳の黒人女性に言及したところが印象に残りました。かつて女性であることと肌の色で投票ができないという状況があったけれど、長い時間を経て、変えられないと思われたことも私たちは変えてきた!というような内容だったと思います。

オバマを応援するフラッグに「Change」という文字をよく見かけました。
「変えなければいけない。私たちは変われる」という感じでしょうか。
「Yes, we can!」という繰り返しが力強かったです。

スピーチの後、副大統領のバイデン氏が現れ、両方の妻、子供、その他のファミリーと次々登場するところは絵になるな~と思いました。
やっぱり演出がすごいですね。
会場をうめる人々の興奮した表情も重なり、すごくエモーショナルです。
舞台上でみなが抱擁しあい、笑顔で手を振り、去っていくまでの間、流れてた音楽がまたいかにもヒロイックな感じで面白かったです。(映画、アルマゲドンのラストの大仰な音楽を思い出してしまった..(笑.)
会場で流れてるように聞こえたけど、それともあれはテレビだけだったのかな?

さて、これからどうなっていくのか...。




  1. 2008-11-06(Thu) 08:35:29|
  2. アメリカ生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

trick or treat!

「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」

というわけで、ハロウィーンです。

spider.jpg

お友達の娘さんといっしょに行ってみました。(私はお菓子をねだったりしてませんよ。当たり前か(笑)

夕方5時半頃には仮装した子供たちの姿がぽつぽつと。

しっかり飾り付けをしてる家のひとは、たいがい玄関前に座って子供を待ち構えています。
凝ってるところだと骸骨の仮面をかぶってたり、マッドサイエンティスト風に白衣を着てフラスコを振ってたり、魔女の格好をしていたり。

house1.jpg

子供の仮装は可愛らしいです。
スタンダードなところはお化け、魔女、骸骨。
着ぐるみだとドラゴン、恐竜、きりん、ライオン、はち、猫、ねずみなど動物系。
王子様、お姫様。
変身物のヒーロー、トランスフォーマー、消防士。
ちなみに友達の娘さんは七五三の着物姿で大好評でした。

garden 2

付き添いの親も一緒に仮装を楽しんでました。
魔女風の帽子をかぶったり、カラフルなかつらをかぶったり、顔だけペイントしてたり、たいがい軽い感じですが、全身がんばってる人もちらほらと。

skeleton.jpggarden.jpg

魔女、女装したお父さん、バッドガール、宇宙飛行士。
家族みんなでスターウォーズの格好をしてるのも面白かったです。
お父さんが白いロボットみたいな兵士?でお母さんがレイア姫。
子供はダースベイダーとたぶんルークかハン・ソロ?
(実は映画を見てないので詳しく分からないのです)
写真撮りたかったです...。

暗くなると灯のともったかぼちゃのランタンが浮かび上がって更にいい感じ。
今日はお天気もばっちりで暖かい日だったので、7時過ぎでもまだ通りは子供たちの声でにぎわってました。
初めて体験するアメリカのハロウィーン。思ったより楽しかったです。





  1. 2008-11-01(Sat) 11:34:32|
  2. アメリカ生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2
10 « 2008/11 » 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。