Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

秋も深まり...

秋晴れの気持ちいい日曜日。
ご近所の紅葉はピークをやや過ぎたみたいです。
kouyou.jpg

夕方の散歩でジョギングしてるひとを沢山見ました。

歩きながらいろんなハロウィーンの飾り付けを眺めるのも楽しいです。
pumpkin.jpg
いろんな表情のかぼちゃが...。

他にもてるてる坊主のようなおばけや骸骨がぶら下がってたり、玄関がクモの巣に覆われてたり、地中から手が突き出してたり、墓石が置いてあったり、みんないろいろと趣向を凝らしています。

ハロウィーンもだけど、大統領選ももうすぐ。
この辺りはオバマ支持者が多いようで庭先に写真のようなフラッグをよく見かけます。
obama.jpg

さて、どうなることか。


スポンサーサイト

  1. 2008-10-27(Mon) 07:08:10|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

りんご狩り

先週つくったさつまいもとりんごのタルト。
satsuma ringo tarto

あいやこさんの焼きりんごの米粉タルトを作りたい!と思ったけど、おからとアーモンドプードルがなかったので、タルト部分は「中島デコのマクロビオティック パンとおやつ」のレシピで。
デコさんおやつ

この本、卵や乳製品、砂糖を使わずできる美味しそうなおやつが一杯のってます。
分量もカップや計量スプーンで記載してあるので、大雑把なわたし向き(笑
きなこババロアやピーナツバタークッキーはお気に入りです。
表紙になってるアップルパイにも挑戦してみたいな~。

フィリングはあいやこさんのレシピを参考に。
甘酒がないので、甘味はメープルシロップとりんごジュースにしました。

見た目は悪くないけど、お味は...ちょっと甘さを控えすぎたかな?
でも自分で作ると何でも美味しく感じます(笑

週末、友達にりんご狩りに連れて行ってもらいました。
車で30分ほどなので気軽に行けます。
よいお天気だったので、家族連れがいっぱい。
9月にはラズベリーと桃をとりに行ったし、週末のポピュラーな行楽のひとつみたいです。
日本では行ったことがなかったけど、これがけっこう楽しい!

まわりには丘陵地帯が広がっていて美しい紅葉も楽しめます。
取ったりんごは種類に関係なく計り売りでした。
しばらくは毎日おいしいりんごを食べられます♪



  1. 2008-10-25(Sat) 06:43:10|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

ライオンキング

NYのブロードウェイで、ミュージカル「ライオンキング」を見てきました。

10年くらい前に日本で見たのですが、内容をすっかり忘れてました。

冒頭、動物達の王であるライオン、ムサファが息子シンバをお披露目するシーンが圧巻。
次々と出てくる動物の造形がおもしろい!

キリン、象、色とりどりの鳥、ヒョウ、インパラ....。
着ぐるみと衣装が絶妙に一体化していて、その動物独特の動きも繊細に表現してるから強烈なインパクトがあります。
「おお~~、ほんまにキリンや~」とびっくりした10年前の記憶がよみがえりました(笑

アフリカが舞台ということで、役者やアンサンブル、ダンサーの多くが黒人でした。
音楽もアフリカっぽい民族調のメロディーが効果的に使われていて、詠唱のような歌がすごくよかったです。
舞台両サイドのバルコニーではパーカッショニストが演奏していました。

舞台美術や照明も素晴らしかったです。

アフリカの草原に昇る朝日。
草原にふく風が、草木を演じるひとたちの振り付けで表現されます。
満点の星空、そのなかに浮かび上がる死んだ父ライオンの面影。
迫り来るバッファローの群れ。
怪しげにうごめくハイエナたち。

ああいう演出や発想はどういう風に沸いてくるんだろうと思います。

動物たちの動きを見ていて、ふと日本で見たお芝居を思い出しました。

今はない惑星ピスタチオという劇団。
彼らの売りはパワーマイムといって、照明と自分たちの体、セリフだけで全てを表現してました。
あるお芝居ではサーカスのいろんな動物を数人で、あるいは一人で表現していて、それがまた絶妙で面白かったなあ。

その頃見たいろんなお芝居で、舞台における照明の力のすごさも実感しました。

ところで、ミュージカルのマイクを通した大音量や歌手の声質は、ロックやポップコンサートに近いように思います。
個人的な好みではやっぱり生の声や音が好きかな~。

中身意外で面白かったのは、観客の反応。
平日のマチネー(お昼の2時から)だし、先生に引率された小学生や中高生らしい団体が多かったようで、客席はちょっとざわざわ。
(でも音が大きいので、それほど気にならず)

歌手のソロの後は指笛や歓声でとってもにぎやかでした。

でも特にうるさかったのは、終盤に悪役がやっつけられた瞬間。
「いやったーーっ!ざまーみろーっ!」
と言わんばかりの歓声がどっと上がりました。もちろん盛大な拍手も。
勧善懲悪だもんね~。分かりやすいよね~と妙に可笑しかったです。





  1. 2008-10-24(Fri) 12:06:55|
  2. ミュージカル|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

善き人のためのソナタ

1984年の東ベルリン。

東ドイツで名声のある劇作家ダインマンは秘密警察に目をつけられます。
政治家などのさまざまな思惑が絡んで開始されるダインマンとその恋人ジーランドの監視。その任務を受けた捜査官ヴィースランドはダインマンの自宅に盗聴器を取り付け、彼らの言動を事細かに記録していくのですが...。


社会主義だった東ドイツでは反国家的な活動を厳しくとりしまる秘密警察があったのは知っていましたが、その怖さの一端を垣間見ることができます。

友人を密告することや、見たことを黙っていることを、家族の安全または将来と引き換えに強要されることがありえたり。相手は国家権力だから、どこにも逃げ場はないですよね。もちろん保身のため積極的に協力したひともいるでしょうね。

それにしても、自宅でも安心ができない、何気なく口にした冗談さえ自分の生活を一変させるかもしれない、周りの人間すべてが疑惑の対象になりえる社会とは、どんなに息苦しいだろう。

ダインマンの友人のひとりは発表の機会を奪われ、実質的に作家生命を絶たれます。

ヴィースランドは淡々と任務を遂行していく有能な捜査官として登場します。

最初、彼にはいっさい人間的な感情はないかのように見えます。

ヴィースランドの私生活もちらりと描写されるのですが、彼自身を象徴するような住居が印象的でした。東ドイツによくある殺風景な高層マンション。整っているけど、特に装飾もなく無表情な室内。芸術家であるダインマンのごちゃごちゃしてるけど暖かみのある住居とのコントラストを感じました。

映画の後半にいくほどヴィースランドの存在感が増していきます。

ダインマンの恋人であるジーランドも独特な魅力がありました。

全員が自分の大事なものを守るため、最善の行動をしようとして、運命にほんろうされていきます。

ヴィースランド役のウルリッヒ・ミューエの演技が素晴らしいのですが、ある取調べの終わりで彼が見せる微妙な表情の変化が心に残りました。
彼の真意はどこにあったのだろう?と考えてしまいます。


哀しいけれどそれだけではない、静かな余韻がいつまでも残るようないい映画でした。








  1. 2008-10-13(Mon) 06:31:06|
  2. 映画|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

司馬さんの効能

緒方拳さんが亡くなったというニュースにびっくり。
なんだかショックです。
71歳ということで、最近の写真を見たらやはり随分歳をとられたな~と思いました。
でもつい最近まで活躍されていたみたいだし、まだ若いですよね。
私の中のイメージは50歳くらいで止まってるかも。

代表作と言われても上げられないくらいで、すごいファンとは言えないかもしれないけど、好きな俳優さんでした。
あの古風な感じというか、無骨な感じが素敵だったな~。にっこり笑うと少年っぽかったり。
ある映画祭で見た「楢山節考」は強烈でした。(まぁ、あれは映画自体が...)
ご冥福をお祈りします。


図書館で借りてきた本が面白いです。

「司馬遼太郎の流儀~その人と文学~」
小内山美江子・鶴見俊輔・出久根達郎・半藤一利

講演をもとにした文章なので軽く読めます。

ありがちですが、司馬さんのおかげで歴史に興味をもつことができました。
といっても、実は有名な小説はぜんぜん読んでません。
随筆、対談集、講演集での語りかける口調の大らかさ、誠実さ、内容の面白さに夢中になりました。
司馬さんの素晴らしいところは、好奇心をいたく刺激してくれるので、そこからもっと知りたい、他の資料や本を読みたい、調べたいという気にさせてくれるところだと思います。
しばらく遠ざかっていたのですが、最近、寝る前に講演集を読んだら、また興味がわいてきました。
小説も読んでみようかな。


さつまいもがあったので、作りたかったあいやこさんの焼き芋プリンをつくりました。

satsumaimo pudding

めっっっっっちゃ美味しい!!

蒸すのが面倒だったので、サツマイモを小さく切ってちょっと美味しい塩をふり、蒸し煮しました。
これだけでもおやつになるのだけど、今日はひと手間。
棒寒天だったので量が適当になって、プリンというかトロトロムースという感じでした。
甘味は羅漢果糖のかわりにメープルシロップ。
さつまいもの甘味に豆乳のクリーミーさが加わって絶品。
久しぶりに本格デザートを食べた気分です。幸せ~。


  1. 2008-10-07(Tue) 13:25:29|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 4

Chara

You Tubeで聴いたCharaの「ラブラドール」が気に入ってアルバムを検索してみました。

Charaっていつまでもキュートだな~。2人の子供(上は13歳!)のお母さんなんて信じられない。

Yahooの音楽ダウンロードのページにインタビューが載ってました。

インタビュアーのひとに「好きなひとををハニーとかダーリンって呼んだことがある?」とCharaが問い掛けてて衝撃が走りました(笑

彼女はけっこう言ってみるとか。
かわいいし恥ずかしい感じがいいでしょって彼女っぽいなぁ。

何年も前に、浅野さんがつくったショートフィルムの舞台挨拶を見に行きましたが、観客の質問に答える姿がほんとに自然体で気取りがなくてよかったです。いや、もともと好きなんですけど。
その会場でCharaをちらりと見たら、あんまり小さくて華奢で驚きました。
でも画面で見ると、あのオーラだものね。

ほんとCharaって愛のひと。
歌詞にもたくさん出てくるし。

結婚して娘さんが生まれたときに作ったアルバム「Junior Sweet」はまさしく幸せムード一杯。
そのあふれてくる感じがけっこう好きで、手元においてる1枚。

しばらく離れてたけど、「Honey」はポップな曲が多そうだし聴いてみたくなってきました。


  1. 2008-10-05(Sun) 05:03:43|
  2. おすすめ|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

オーガニックレシピ手帖

うーらさんのレシピ本が発売されました。

うーらのオーガニックレシピ手帖
oola_cover_obi.jpg

izumiさんを通じて知ったうーらさんのレシピブログ。
パンチの効いた野菜料理が魅力です。
アボカドが大好きなうーらさん。(表紙の写真もアボカド丼)
おかげで我が家の食卓にアボカドが登場する機会がふえました。

おいしそうなレシピがほぼ毎日更新されるので、作ってみたいリストがどんどん長くなる~。

最近、以前作ったかぼちゃのごま酢きんぴらをれんこんで作ってみたらこれが大ヒット。玉ねぎの薄切りを加えたら、なんとなく酢豚風な味わいですごく美味しかったです。
renkon gomasu




  1. 2008-10-01(Wed) 12:35:58|
  2. お気に入り料理本|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 6

Equal Exchange

shikuraさんのブログOrganic Fieldという素敵なサイトが紹介されてました。

心地よい暮らしをおすすめする情報がいっぱい。

オーガニック・フェアトレード・マクロビオティック・エコロジーに関するけろさんの思いに共感しました。
写真も素敵。

肩に力を入れすぎることなく、できるだけ広い視野をもって、生活の細部を大事にしていくこと。
あらためて考えました。


この街にもフェアトレード製品をあつかうお店があります。
(フェアトレードについてはPeople Treeのサイトが参考になります)
品物は手作りらしさが感じられる衣料品やバッグ、雑貨、食器、装飾品、チョコ、お茶、カードなどいろいろあります。

「Ten Thousand Villages」というお店。
リバプールにもありました。

ここの紅茶がお気に入り。
Dargeelingは香りが良く、渋みが少なくてさらっとした味わいです。
今日はためしにCeylon Chaiを買ってみました。
equal exchange

Equal Exchangeという会社のフェアトレード製品で、インドの小さな農園が共同して作っているという説明が箱に書いてあります。


今日、初めて買ったバターナッツでスープを作ってみました。
どこかのレシピサイトで見たのですが、日本でも買えるんですね。
butter nuts

ちょっと塩をふって蒸し煮したバターナッツと玉ねぎ(油はなし)に豆乳を加えてミキサーにかけました。
日本かぼちゃの甘味とちょっと違うけど、意外なほど濃厚でおいしかった!
こっちのかぼちゃは水っぽいという先入観がくつがえされました。でも、煮物には向かないと思うんだよなぁ。
soup.jpg






  1. 2008-10-01(Wed) 11:52:09|
  2. おすすめ|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2
09 « 2008/10 » 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。