Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Last Night of the Prom

週末に、私が伴奏をしてるコーラスとブラスバンドのジョイントコンサートがありました。ブラスバンドをまともに聴いたのは、もしかして初めての経験だったかもしれません。イギリス全土のコンクールでも賞を取ってるというバンドらしくて、かなり迫力がありました。


ウェストサイドストーリーの「アメリカ」やスターウォーズのテーマ、パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマなどパンチの効いた曲は、さすがに映えます。ただヴェルディのオペラのコーラスなんかだと、ちょっとやりにくそうでした。


コーラスの指揮者が招いたソリストたちも素敵でした。
4人とも16歳から21歳という若さながら、いろいろ活躍をしているらしく堂々としたパフォーマンスでした。私はいくつかの合唱曲とソリストの伴奏をさせてもらいました。去年の9月に結成したばかりのコーラスとはいえ、指揮者が歌手として活躍してた頃のつながりでいろいろ新しい事を経験させてくれるので、すごく楽しいです。


ひとつ興味深かったのは、プログラムの最後。「Last Night of the Prom Finale」というタイトルで、イギリス最大の夏の音楽祭Promで最終日に演奏される一連の曲をやりました。


今回までよく知らなかったのですが、ロンドンのロイヤルアルバートホールでのラストコンサートは、お祭りのようにおおいに盛り上がるらしくって、BBCでも放送されるし、ロンドン以外の地域でもビッグスクリーンを使って開催されているそうです。


その定番の曲目は「Jerusalem」「Rule Britannia」「Land of Hope and Glory」(エルガーの威風堂々に歌詞をつけたもので、日本では料理の鉄人でお馴染みだった曲)そして締めはイギリス国家。
どの曲もイギリスの栄光を褒め称えるといったにぎやかな曲で、Prom最終日には聴衆がユニオンジャックを振りふり歌うそうです。


今回のコンサートのプログラムの裏表紙にはユニオンジャックが印刷してあって、ほとんどの人が当然のごとくそれを振りながら歌ってました。会場がローカルなシアターで、満員の客席はほとんど地元のひとだったと思います。アジア人は私のダンナくらいだったかも。若いひとで戸惑った顔で歌わない人もいましたが少数でした。


日本でポピュラーコンサートの最後に国家を歌うとか、国旗を振るとかありえないですよね。今、たまたま敗戦後の日本の占領期間に関する本を読んでいた私は、軽く衝撃を受けつつ「ほほぉ~」と観察してしまいました。



スポンサーサイト

  1. 2007-09-24(Mon) 03:22:28|
  2. イギリス生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

ランディさんのブログ

田口ランディさんのブログを数日置きにチェックしてます。ここ数日のをまとめて読んで、やっぱりこの人はすごいなぁと思いました。


特に9月15日の三つの記事。

娘さんとの会話がすごくいい。ランディさんの綴る娘さんへの思いも。

そして原子力に関するフォーラムのお知らせ。ランディさんは水俣、原発、広島、沖縄など、つい避けたくなってしまう事柄をまっすぐ見つめて、分からないことは調べながら、人々と対話してます。このブログで紹介していたオルタナという雑誌を取り寄せたんだけど、とてつもなく面白かったです。

もうひとつは医療関係者からの批判に対する答え。
8月にランディさんのお父さんが骨折をしたことで、大変なことになっている様子がブログから伺えました。アルコール依存症の上に内臓疾患が発見されたことで受け入れてくれる病院を探すのが非常に困難だったようです。それに関する記事(短期間で削除されました。その理由も書いてあります)を読んで批判している人に語りかけるような記事でした。


ランディさんはグルグル迷いながら、分からないと言いながらも、しっかり前を見据えて進んでいる感じがします。
よしもとばななさんが8月30日の日記でランディさんについて書いた言葉がすごく的確な気がします。「演技で明るいのではない、どれを生きるかで明るさを選択した、それだけなのだ」


それにしても、時どきブログに登場するランディさんの娘さん、可愛いなぁ。




  1. 2007-09-20(Thu) 05:42:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

アイスランド旅行記 2

市民プール

レイキャビーク市内のプールも行ってみました。アイスランドでは水泳が最も身近な娯楽だそうで、どんな小さな街でもひとつはスイミングプールがあるとか。屋外、屋内の温水プールはすべて地熱を利用しているそうです。ガイドブックにプールを利用する際の注意として強調してあったのが、水着なしでしっかり身体を洗うこと。そのつもりで行きましたが、ちゃんと英語で説明書きがあり、どこを洗うべきか図解までしてありました。周りを見てると、みんな水着を片手にすっぽんぽんでロッカーからシャワールームへぺたぺた歩いていってました。ドイツでも経験があるのですが、この素っ裸でふらっと歩いていくのに昔はいささか抵抗がありました。でも、こちらの人の脱ぎっぷりのよさに慣れてきて、最近は自分でもあまり気にしなくなってきました。(え、おばちゃん化かなぁ)ただよ~く見てると、ティーンネイジャーとか一部の人はぎりぎりまでタオルを巻いてたりするので、やっぱり人によるかも。私もそんなに堂々とはしてないけど(笑)。普通の市民プールでも、スチームサウナやジャグジーがあって、私はもっぱらお風呂のようにあったかいジャグジー(泡が出るのではないのでホットポットというらしい)でほっこりしてました。



地熱を利用

ツアーの中で地熱のパワープラントを見学しました。太いパイプでお湯を送り、それが暖房や除雪、プールなど様々に利用されているようです。クリーンなエネルギーということを強調されてましたが、ちょっと思ったのが日本ではどうなんだろうということ。国土の広さや地形、人口も消費量も全く違うから比べ物にならないだろうけど、原発のような危険性のないエネルギーはいいなと思ったり。

 20070914222656.jpg



オーロラを見た!

オーロラというと冬のイメージだけど、別に季節に関係ないそうな。じっと目をこらしてる内に余計分からなくなりそうな微かな光でしたが、確かに緑色に光ってました。写真はその後2時間ねばったダンナが撮ったもの。(私は一度確認するとさっさと寝てしまいました)

 20070914221554.jpg


間歇泉

数分おきに熱湯が噴出す間歇泉もおもしろかったです。そろそろ来るかなという様子が見て取れると、カウントしだす人がいたりして。10メートル近く吹き上がる水柱に、皆歓声をあげていました。

 20070914221523.jpg


恐怖のホエールウォッチング

いやお天気がね…悪かったのです。どこかにつかまってないと倒れそうなすごい揺れで、ばっちり酔いました。キャビンのついた150人くらい乗れる船だったんだけど、後半キャビンに降りると完全にダウンして寝てるひとや、ゴミ箱抱えて青い顔してる人だらけで悪夢のようでした(笑)。しかも冷たい雨風と気持ち悪さに3時間耐えたのに鯨を見られなかったし!98パーセントは見られるとパンフレットには書いてあったんですけどね。

 

結構な出費です

物価はかなり高いと思いました。特に外食が。1000アイスランドクローネ(Ikr)が約2000円くらい。サブウェイのサンドイッチが1200円くらいでした。ゲストハウスの朝食ルームで一緒になったアメリカ人とロンドンから来た台湾人が、「すごく高い!」と言っていたのが印象的でした。魚介類が豊富で新鮮なアイスランド。普通にレストランで食べると1人につき3~4000Ikrはすぐいってしまいそうなので、夕食を食べるところに迷いました。でも、レイキャビークで見つけたセミセルフのレストラン(フォークやナイフ、パン、水は自分で取りに行く)はよかったです。ひとつはベジタリアン、ひとつはフッシュ&チップスのお店で、ひとり1300Ikrだし、美味しくて雰囲気もよかったです。全体にグルメっぽいレストランやおしゃれなカフェが多かったですね。

 

アイスランドの芸術家

博物館は、National Museumに行きました。アイスランドの歴史や人々の暮らしの変化がわかりやすく展示してあって、見ごたえがありました。建物の中の、新しくて明るい雰囲気もよかったです。併設されたカフェから、コーヒーのいい香りが漂ってきたりして。

もうひとつ、入ればよかったと思ったのがEinar Jonsson Museum。このEinar Jonsson(1874-1954)というアイスランドの芸術家は初めて知ったのですが、博物館の裏庭に飾られた彫刻群がとても魅力的でした。組み合わされた手と手とか、寄り添うからだの質感なんかダイナミックに感じるのですが、全体にとてもロマンチックだと思いました。帰る間際に見たので、博物館に入る時間がなかったのが残念でした。



20070914222053.jpg

そんなこんなで盛りだくさんの1週間でした。そういえばバックパッカーが多かったです。何日もかけて踏破するようなハイキングルートやキャンプ場なんかも整備されていますからね。テントの傍で見上げる夜空はきれいだろうな~とは思っても、挑戦する根性がないです...。(あ、ダンナはあるらしい)そんなへなちょこ都会人の私に大自然の一端を見せてくれたアイスランドに感謝です。



  1. 2007-09-15(Sat) 00:11:06|
  2. 旅行|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

アイスランド旅行記 1

もう随分時間が経ってしまったけど、8月の終わりに行ったアイスランド旅行の思い出を綴っておきます。氷河と活発な火山帯があることから「氷と火の国」と言われるアイスランド。期待通りのダイナミックな景色を楽しむことができました。

レイキャビーク
首都レイキャビークの最初の印象は「クリーン&モダン」。アイスランドは生活水準がとても高いそうなのですが、最初に到着したケフラヴィク国際空港の建物自体が、ガラスと木をふんだんに使ったモダンな建物で、何となく「なるほど~」と納得してしまいました。街の建物も、屋根や壁がカラフルで可愛らしい感じ。

20070914185735.jpg


アクレイリからのツアー
ダンナも私もそろって国際免許証の期限が切れていたので、見所は主にバスツアーで回りました。最高のお天気に恵まれたこともあって、アクレイリという北の町から参加したツアーが1番充実してました。大きな滝はあちこちで見たのですが、ここで見たゴダフォスの滝がもっとも迫力がありました。火山灰が混じっているらしい水は灰色で、濁流という表現がぴったり。立ち上る水しぶきの中には大きな虹がかかっていて、うれしくなって沢山写真を撮ってしまいました。

20070914185851.jpg

そこへたどり着く少し前から舗装されていない道路に入ったのですが、もう笑っちゃうくらい揺れて、シートから何度か文字通り飛び上がりました。最初は面白がる余裕があったけど、トータルで4,5時間ガクガクやられると最後のほうはぐったり。運転手さん、タフだわ。(よく日に焼けたおばさんでした)この道はへたれドライバーの私達で運転して来るのは無理だったね~とダンナと言い合ったり。でも、この途上で見た景色が一番印象に残ってます。潅木や苔、草花に覆われた大地がどこまでも続いてるかと思うと、いつの間にか石ころと岩だらけの荒地に蛇行する道路が延々と続いてる風景に変わっていたりしました。遠くにはなだらかな山が見えて「何もないなぁ~」と思いながら、ひたすらぼ~と景色を(首ががくがくしながらも)眺めていました。


20070914191300.jpg

暖かいアイスランド?
ガイドさんの話で印象に残ったこと。地球温暖化に関する話で、雪が降り出す時期が遅くなっていると感じるとのこと。15年くらい前は9月半ばには雪が降ったのに、最近はクリスマスの頃になっても降らないことがあるとか。降雪量も全体に減っているらしく、街から比較的近いスキー場ではスノーマシーンが登場したとかしないとか?!「グリーンランドと名前を交換してもらわなきゃ!」とジョークっぽく言ってましたが、ちょっと考えさせられました。

ブルーラグーン
20070914185924.jpg20070914185948.jpg

私達が行く前からとても楽しみにしていたのが温泉!郊外にある地熱のパワープラント横のブルーラグーンというスパ施設が有名です。含まれる鉱物のせいで、水の色がすごく綺麗な水色なんです。もっとも施設の中の水は散々人が出入りしてるせいか、ちょっと緑色でしたが..(笑)。水着を着て入るので屋外プールという雰囲気ですが、青空の下の~んびりお湯につかれました。お湯の温度は38度くらいだそうで、ちょっとぬるめ。でも、噴出孔のあたりは表面がかなり熱くて「あちっ」と言いながら、無駄な努力と思いつつもかき混ぜてしまいました(笑)。日本のお風呂の湯沸かし器を思い出しました。


(続きます)


 


 


 




  1. 2007-09-14(Fri) 21:57:31|
  2. 旅行|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0
07 « 2007/09 » 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。