Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Last Night of the Prom

週末に、私が伴奏をしてるコーラスとブラスバンドのジョイントコンサートがありました。ブラスバンドをまともに聴いたのは、もしかして初めての経験だったかもしれません。イギリス全土のコンクールでも賞を取ってるというバンドらしくて、かなり迫力がありました。


ウェストサイドストーリーの「アメリカ」やスターウォーズのテーマ、パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマなどパンチの効いた曲は、さすがに映えます。ただヴェルディのオペラのコーラスなんかだと、ちょっとやりにくそうでした。


コーラスの指揮者が招いたソリストたちも素敵でした。
4人とも16歳から21歳という若さながら、いろいろ活躍をしているらしく堂々としたパフォーマンスでした。私はいくつかの合唱曲とソリストの伴奏をさせてもらいました。去年の9月に結成したばかりのコーラスとはいえ、指揮者が歌手として活躍してた頃のつながりでいろいろ新しい事を経験させてくれるので、すごく楽しいです。


ひとつ興味深かったのは、プログラムの最後。「Last Night of the Prom Finale」というタイトルで、イギリス最大の夏の音楽祭Promで最終日に演奏される一連の曲をやりました。


今回までよく知らなかったのですが、ロンドンのロイヤルアルバートホールでのラストコンサートは、お祭りのようにおおいに盛り上がるらしくって、BBCでも放送されるし、ロンドン以外の地域でもビッグスクリーンを使って開催されているそうです。


その定番の曲目は「Jerusalem」「Rule Britannia」「Land of Hope and Glory」(エルガーの威風堂々に歌詞をつけたもので、日本では料理の鉄人でお馴染みだった曲)そして締めはイギリス国家。
どの曲もイギリスの栄光を褒め称えるといったにぎやかな曲で、Prom最終日には聴衆がユニオンジャックを振りふり歌うそうです。


今回のコンサートのプログラムの裏表紙にはユニオンジャックが印刷してあって、ほとんどの人が当然のごとくそれを振りながら歌ってました。会場がローカルなシアターで、満員の客席はほとんど地元のひとだったと思います。アジア人は私のダンナくらいだったかも。若いひとで戸惑った顔で歌わない人もいましたが少数でした。


日本でポピュラーコンサートの最後に国家を歌うとか、国旗を振るとかありえないですよね。今、たまたま敗戦後の日本の占領期間に関する本を読んでいた私は、軽く衝撃を受けつつ「ほほぉ~」と観察してしまいました。



スポンサーサイト

  1. 2007-09-24(Mon) 03:22:28|
  2. イギリス生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

観覧車


kanransha.jpg20061120200734.jpg




街中の広場にいつの間にか現れた観覧車。
いっつも思うけど、身を乗り出したら落ちそう...ついでに寒そう。

こう見るからに危なそうだと、無茶するひともいないのかも。

こっちの観覧車は、ゆっくり眺めを楽しみながら1周して終わり、じゃなくって、結構なスピードでグルグル回ってから、速度を落として乗り降りしてます。

むか~し、ドイツの移動遊園地で回転系の乗り物に乗ったら、あまりの長さ、くどさに、絶叫系のアトラクションが好きだった私でも、一瞬うぷっとなった覚えが。なんだろう、体力の違いかな~。




  1. 2006-11-20(Mon) 20:20:33|
  2. イギリス生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

発表会

ピアノをおしえてる韓国人の友人が生徒の発表会をしたので、顔を出してみました。大人もおしえているそうですが、その日は子供のみ。ほとんどは小学生でした。真剣な面持ちでピアノに向かっている子供たち。自分もかつてはあんな風に覚束ない手つきで弾いてたんだよね...とちょっとノスタルジーにひたりました。


舞台への出てきかた、おじぎの仕方もいろいろ。座るなり弾きだす子、鍵盤に手を置いてからじ~っと考えてる子、お姫様のようなおじぎをする子、頭をかしげる程度で逃げるように去っていく子...。また、タッチの強さなんかにもキャラクターが表れていて面白いな~と思います。「好き」の度合いも感じました。


今回もでました、発表会定番曲。「人形の夢と目覚め」。もちろんわたしも小学生のとき弾きました。人形が眠りから目覚めて元気よく踊りだすような、物語にそった曲想の変化があって親しみやすい曲です。


教えてみたい、けど英語に自信がない、けどやってみないと分からない、と葛藤する今日この頃。模索中...。




  1. 2006-11-14(Tue) 04:57:02|
  2. イギリス生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

リサイタル

大学の音楽科の学生さんの伴奏を引き受けてひと月半。昨日、彼女の最終試験であるリサイタルが終わってホッとしました。彼女はメゾソプラノ。プログラムはシューマンの歌曲、リーダークライス作品39でした。


リサイタルは、大学の建物のなかにあるチャペルで行われました。広さはそんなにないのですが、壁や数箇所にある円柱が、きれいなグリーンのタイルで覆われていて、とてもいい雰囲気の場所でした。歌のひとにとっても、なかなかいい音響だったのではないかな。


今回の試験は、バチェラーを取った後、さらに1年続けたマスターの最終試験でした。イギリスの大学課程はよく知らないのだけど、院みたいな感じかな?


彼女はギリシャ人なのですが、この度はお母さんもギリシャから来ていました。歌の先生はもちろん、彼女の旦那様や義理のお母さん、友達が来ていて、試験といっても和やかな雰囲気でした。それ以外のお客さんも意外といました。とはいえ、客席後方にしっかり審査員の先生方が並んでいたので、全然緊張しないって訳にはいきませんけどね。彼女も最初、やや硬くなってましたが、だんだんと調子が出てきました。とても小柄なのですが、深くていい声をしています。


歌の先生はバリトン。かつてドイツでキャリアを積んだことがあるそうで、レッスンではドイツ語もとび出したり、ユーモアのある先生でした。音楽科の学生事情もかいま見えたりして、面白い体験でした。




  1. 2006-11-11(Sat) 05:28:38|
  2. イギリス生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

ハロウィーン

昨日はハロウィーンでした。といっても、そんなに関心を持ってなかったのですが、なんと子供がやって来ました。


夜の7時過ぎにインターホンが鳴り、こんな時間に誰か来るなんて珍しいなと思って窓からそっと覗くと、あやしい格好の人物が。フードつきの黒いマントにどくろの仮面。けっこう背が高かったのでぎょっとしましたが、次の瞬間、ハロウィーンということを思い出しました。


でも、意外でした。子供達がやってきてお菓子をねだるという話は聞いたことがあったけど、アメリカだけかなと思っていたので。実は甘いものが家になくて、迷っているうちに去ってしまいました。食べかけの板チョコはあったけど、さすがにそんなのあげられないし...。なにか用意しておけばよかったな~なんて、ちょっと残念な気分でした。




  1. 2006-11-01(Wed) 19:19:04|
  2. イギリス生活|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0
06 « 2017/07 » 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。