Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

久しぶりに

久しぶりにグランドピアノが弾けてうれしい♪

街の楽器屋さんで練習室を貸してもらいました。

3時間があっという間。

ときどき私にピアノは必要なのだろうかと迷うときがあるけど、やっぱり楽しい。

ここまで続けられたことに感謝。



スポンサーサイト

  1. 2010-06-29(Tue) 20:58:10|
  2. ピアノ|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 4

ひとつずつ

Eちゃんはがんばりや。

けっこう順調に進んで、両手の曲も弾けるようになってきました。

初めての発表会ではキラキラ星を弾きました。

バッハのメヌエットを弾きたいというリクエストに応え、簡単にした楽譜を作って少しずつ弾かせていました。

お母さんに手伝ってもらいながら譜読みしてがんばってたのですが...。

どうしても弾けないところを取り出して、片手で弾かせようとしたら、かんしゃくを起こしてしまいました。

「両手で最初から弾かないとできない!」

ああ~しまった~。
メロディーを耳でおぼえて、鍵盤の位置だけで弾いてしまってる..。

楽譜を読むのって子供にとっては一苦労。

ドレミの音符の位置をみて、鍵盤の場所をみて、指番号をみて、正しいリズムで、テンポも保って。。。いっぺんにやらないといけません。

楽譜を読むのが面倒なことと思い込んでしまったら、後々にひびいてしまいます。

読めたはずの音が、かなりあやふやになってました。

音がふたつだけの課題をさせてみると、伴奏が付いてるせいもあってか楽しそう。
やる気が戻ってきました。

無理をさせすぎてたと反省。
メヌエットはしばらくお休み。
なんとなくまずいと思ってたのに、気に入ってるからと確認を先延ばしにしてました。

メヌエットだけでなく、簡単な課題やソルフェージュもしてるけど、全体に散漫になっているかも。
ポイントをもう少ししぼろうと思いました。

出来るようになったと思っても、油断は禁物。
手を変え品を変え、もっと繰り返させよう。







  1. 2009-04-03(Fri) 12:16:09|
  2. ピアノ|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

少しずつ

Eちゃんのレッスン。

音楽を楽しませたいといっても、必要な知識をおぼえたり、指の練習は必要なわけで、どれぐらいずつ要求するか、むつかしいところです。

ひびく言葉で説明できないと目がうつろになるのが分かるし(^^;)

鍵盤と音名の結びつきをもっと確かにしたい とか

よめる音符をもっとふやしたい とか

もっと脱力させたい とか

もっと音を聞いて歌えるようにさせたい とか

やりたいことは一杯あって、
早くあれやこれやをできるようになってほしいと思うけど、
私の自己満足や親ごさんの期待に応えるためではなくて
(まったく意識しないわけにはいかないけど)
子供の吸収するペースに合わせたレッスンをしたいです。

自分は当たり前にできるようになってるので忘れがちだけど、ピアノを弾くときって本当にいろ~んなことを同時にしてるんですよね。

自分が子供のときに感じたできない苛立ちを思い起こしたりします。


子供の思いつきに付き合ってみると、けっこう楽しい展開になることも多いです。

2小節の歌がついた曲を、輪唱してみたり。
別々の指の練習曲をいっしょに弾いたら、連弾になったり。
声を伸ばす競争をしながら音程をとってみたり。

脱線しすぎると別の遊びに移行しそうになるので、そのときは引き戻さないとだめだけど、子供の発想って面白いです。

よく観察しつつ、柔軟に対応できるよう心がけたいです。







  1. 2009-03-27(Fri) 12:03:06|
  2. ピアノ|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

昨日のレッスン

ピアノを習い始めて5ヶ月目の6歳のEちゃん。

次の日曜日は初めての発表会。

バイオリンを教えてる友達といっしょにさせてもらう、生徒さんのお宅でのミニ発表会ですが、子供にとってはいろんな人に聴いてもらえる良い機会です。

昨日のレッスンでは、ちょっとリハーサル。
お辞儀をしてから楽しそうにきらきら星を弾きました。

みんなに聴いてもらうことや、バイオリンのお友達との合奏が楽しみでしょうがないみたいです。
可愛いなぁ。

私はいつ頃から、弾く前にすごく緊張するようになったっけと遠~い過去に思いを巡らせました。
間違ったらどうしようという心配が強くて楽しいどころじゃなかったような。
すごく周りの目を気にするタイプだったせいもあるかもしれません。

Eちゃんに、「繰り返しの部分の2回目は内緒話をするみたいにそ~としてみよう」と言ったら、「おっ、それは面白そう!」という顔をして、全身でそ~っとを表現してました(笑)
ごくベーシックなアドバイスだけど、彼女には初めて聞くヒントなんですよね。
子供の表情の変化って横で見てるとほんとうに面白いです。
もちろん、ぴんと来ない言葉には「は~退屈~」という顔もしてくれます(笑)。

子供の顔が輝く瞬間がたくさんあるレッスンをしたいな。
子供によって全くタイプが違うだろうから、一概には当てはめられないけど、自分の経験を生かしていろいろな工夫をこらしたいです。








  1. 2008-12-18(Thu) 03:22:52|
  2. ピアノ|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 6
05 « 2017/06 » 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archives

Search

Profile

kiharu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。